*

不眠症を改善するオススメの睡眠薬と通販の購入方法をまとめてみました

目次

睡眠薬がネットを使っても買えるように

個人輸入代行サービスとは?

個人輸入代行サイトの利用方法

個人輸入代行サイトの選び方

実際に通販を使った人の体験談

ハルシオンも通販で買える!?

不眠にも色々なタイプがある

不眠症に応じた睡眠薬を選ぼう

睡眠薬はどこで買う?

睡眠薬選びのポイント

病院はどうなの?

市販の睡眠薬と病院で処方してもらう睡眠薬の違い

睡眠薬を通販で購入するのメリット

市販と病院と通販、どれがいいの?

睡眠薬がネットを使っても買えるように

ネット通販のイメージ欲しいものはお店に足を運んで購入する事が多いですが、今だとネット通販を利用するという人は少なくありません。

ネット通販を使えば何でも手に入れる事が時代です。

ただ、医薬品については医師の処方が無いと購入できないため通販で購入できれば便利なのにと思うこともあるでしょう。

今では処方箋が必要になる医薬品であっても通販で購入することができるようになっているんです。

このサイトではそうした医薬品の中でも睡眠薬に焦点を当てて、通販で購入できる睡眠薬を紹介していきます。

初めて睡眠薬を購入するという方から、今は病院で処方してもらっているけど無くなるたびに病院に行くのが面倒と感じている方は

是非、一度通販を利用してみてはいかがでしょうか。

個人輸入代行サービスとは?

-個人輸入は違法?

説明する指先
個人的に医薬品を輸入するとい行為、違法じゃないの?と疑う方も当然居ることでしょう。

確かに通常は医師の処方がなければ手に入れることができない医薬品を処方箋無しで購入するとなれば、怪しいと感じます。

ただ、個人輸入代行というのは、個人が使用する範囲内であればOKと国が認めています。

しかし、個人輸入で購入した商品と他人に譲渡したり転売したりする行為は禁止されています。

よって、自分が購入した睡眠薬を他人に分けてあげる、多く注文したから売るようなことは違法です。もちろん、対象が恋人や友人、家族であってもNGです。

-許可が必要な場合

個人輸入は購入者が使用する目的であれば、法に触れることなく利用することができます。しかし、購入者本人が使用する目的であっても許可が必要となる場合があります。

どういったときに許可が必要なのかと言うと、「数量が多い場合」です。

許可が不要となる数量は医薬品によって異なります。その規定は以下のとおりです。

  • 外用薬(毒薬や劇薬、処方箋薬以外)…24個以内
  • 毒薬や劇薬、処方箋薬…1ヶ月分まで
  • それ以外の医薬品や医薬部外品…2ヶ月分まで

-輸入が禁止されているもの

個人輸入代行サイトでは様々な医薬品類が取り扱われています。

基本的には購入しても問題ではない合法の商品しか販売されてませんが、中には輸入が禁止されている商品が取り扱われている場合もあります。

もちろん、知らずに購入してしまったという場合でも罰則を受けることとなります。

 

輸入が禁止されている医薬品は、健康被害が出る可能性があるものです。

麻薬、大麻、あへん、覚醒剤などの危険ドラッグはもちろんですが、向精神薬などが当てはまります。

睡眠薬の中には向精神薬に分類されるものもありますが大半の個人輸入代行サイトでは取り扱っていないのであまり気にしなくても大丈夫です。

個人輸入代行サイトの利用方法

ルールを記述する手

「輸入」という言葉を聞くだけで、購入が難しそう…と思ってしまいませんか?

しかし、実際には誰でも簡単に商品を注文し、手に入れることができます。

利用手順は国内の通販と変わりありませんので、ヤフーや楽天、アマゾンなどの通販を普段からよく利用されているという方はスムーズに購入できるでしょう。

 

ここでは、普段はあまり通販を利用しないという方のために、簡単に個人輸入の利用方法についてご紹介します。

1.商品を探す

医薬品を取り扱っている個人輸入代行サイトでは、数多くの商品が販売されています。

そして、数ある医薬品の中から自分に合った商品を見つけやすいようにカテゴリやジャンル分けされています。

ED治療薬、育毛剤、避妊薬、性病、スキンケア、睡眠薬、ダイエットなどのジャンルに分類されていますので、その中から目当ての医薬品を探していきます。

2.レジへ進む

欲しい商品を選んだら、「レジへ進む」、「カートへ入れる」、「買い物かごへ入れる」というような表示をクリックします。

そうすると、現在購入予定の商品が一覧で表示されます。商品名、数量、金額などに問題がなければ購入手続きへ進みます。

(複数欲しい商品がある場合、「買い物を続ける」というボタンから買い物を継続できます)

3.個人情報の入力

注文者情報を入力します。氏名、性別、電話番号、お届け先、支払い方法などの情報を全て入力します。

その際、入力に誤りがあるとちゃんと商品が届かない恐れがありますので十分確認しておくようにしましょう。

4.注文確定

入力した情報に誤りがないことを確認し、問題がなければ注文を確定します。

5.購入した睡眠薬が到着するまで

注文を確定したら、ショップから注文を受け付けたというメールが届きます。

また、発送手続きが完了した場合にもメールが入ります。

発送元や住んでいる場所によっても手元に届くまでの期間は異なりますが、1~3週間ほどとなります。

個人輸入代行サイトの多くは、郵便で発送したときに追跡番号をメールで知らせてくれます。

よって、注文した商品が今どのあたりにあるのか?いつ頃手元に届くのか?ということを把握することができます。

個人輸入代行サイトの選び方

個人輸入代行サイトを利用すれば、日本で未発売の医薬品を購入できる、格安で手に入れることができる、病院へ行く手間が省けるなど様々なメリットがあります。

しかし、残念なことに個人輸入代行サイトの中には悪質業者も存在します…。

こうした業者を利用してしまえば、偽造品が届いたり、注文した商品が届かないというようなトラブルが起こる恐れがあります。

ただ、個人輸入というのは自己責任となりますので、トラブルが生じた場合でも自分で解決しなければなりません。

安心して個人輸入代行を利用するためにも、しっかりと優良業者を見極めるようにしましょう。

ここでは、はじめて個人輸入代行サイトを利用される方でもすぐに優良業者を見分けられるように、失敗しない個人輸入代行サイトの選び方をお教えします。

会社概要の記載

安心して個人輸入代行を利用するためには、どんな会社が運営しているのか?所在をはっきりさせておかなければなりません。

そのため、サイトに会社の代表者名、住所、連絡先となるメールアドレスなどの記載があるか確認しておきましょう。こうした情報がどこにも記載されていない!という場合は、利用を避けるようにしましょう。

問い合わせできる

会社の連絡先だけではなく、問い合わせ専用のメールアドレスや電話番号が用意されていると、トラブル時にもすぐ対応してもらえます。

こんなときはどうすればいいの?というときに問い合わせができれば安心です。

成分鑑定書の公開

偽造品を取り扱っている業者であれば、成分鑑定書というものはありません。

正規品を取り扱っている業者であれば、どんな成分が何㎎配合されているというようなことが記載されている成分鑑定書を公開していますので安心して購入できます。

手数料の記載

商品を海外から発送するということなので、手数料がかかる場合があります。

また、商品価格だけではなく、送料や代引き手数料などに関して明記していなければ金銭トラブルに張る恐れがあります。

よって、購入するためには総額でいくら必要なのか明記しているサイトを利用しましょう。

実際に通販を使った人の体験談

Yさん 女性(30代)の体験談

Yさん女性のイメージ

私は、これまでネットの通販って使ったこと無かったんですが、睡眠薬を購入するために個人輸入代行の通販サイトを使ってみました。

最初のうちは、品揃えも多く目的の商品を見つけるのにも苦労しましたが一度使い方がわかってしまえば、後はとっても簡単でした。

本当に始めてだったので、不安しかありませんでしたが、実際に睡眠薬を購入するときちんと手元に届いたので安心しました。

欲しい商品を検索して、選んでカートに追加して支払いをして完了なので、初めての私でも簡単に使えました。

見つける、カートに入れる、支払い。

この3ステップだけでいいので、初めて睡眠薬の通販を利用する人でも無理なく使えると思います。

Dさん 男性(40代)の体験談

Dさん男性のイメージ

初めて使うときは苦労しましたが、今じゃとても役立ってくれています。

ネット通販を利用する機会は、あまりなかったんですが、睡眠薬を通販で買えるという事で使い始めました。

今では睡眠薬以外にも、バイアグラなどの治療薬も一緒に通販で購入させてもらってますね。

まとめて購入したりするとお得になったり、送料が安くなったりしますし

バイアグラなど、人には相談しづらい悩みを解決してくれる薬も通販ならバレずに購入できちゃうので助かってます。

睡眠薬を通販で購入できるだけでも、驚きでしたがそれ以外の悩みも解消できるので

まだ、通販を使ったことがない人は是非使ってみることをオススメしますね。

特に、男性の場合、下半身等の悩みは相談しづらい事が多いと思います。

私もそうでしたが、通販は誰にもばれずに購入できるので本当にオススメです。

Mさん 女性(40代)の体験談

Mさん女性のイメージ

普段からネット通販を利用しているので、睡眠薬の個人輸入代行も同じ感覚で使えたので助かりました。

睡眠薬の通販といっても、薬なのでいろいろ手続きがあったりするのかな?

なんて思っていたりしましたが、そうした手続きもなくネット通販とやることは変わらなかったのでスムーズに購入できました。

ただ、普通のネット通販と違うなと思ったのは、手元に届くまでの時間ですね。

普段利用している通販は早ければ当日や翌日に商品が手元に届いてましたけど、

睡眠薬は手元に届くまでに2週間以上かかりました。

普通のネット通販と同じ感覚でいたので商品が全然届かずに不安になってました。

ですが、時間がかかることを忘れていただけで、日が経てば手元に届きました。

また、私が使ったサイトは荷物の追跡ができたのでそこでも安心できましたね。

Rさん 男性(50代)の体験談

Rさん男性のイメージ

ネット通販を始めて使ってみた感想は、簡単の一言に尽きると思います。

これまでネット通販をつかったことがあったので、そう思うのかもしれませんが、実際にやることは普通の通販と変わりません。

それで睡眠薬を個人輸入できるので、とてもうれしいサービスですね。

あと、睡眠薬通販を使ってみて嬉しかったのが色々なタイプの睡眠薬を取り扱っていることですね。

睡眠薬と一口に言っても、種類も効果も千差万別なので自分に合う薬が見つからないなんてこともあると思います。

ですが、睡眠薬通販で取り扱っている種類は非常に豊富なので、そんな心配がないのも魅力です。

ジェネリック系の取り扱いも豊富で、病院で処方してもらっている人でも処方してもらっている睡眠薬のジェネリックを通販で購入できます。

病院で診察を受けて処方してもらうよりも、安く睡眠薬を手に入れることができるようになるので使ったことがない方は使ってみるのをオススメしますね。

ハルシオンも通販で買える!?

今は、睡眠薬も通販感覚で簡単に手に入れることができる時代になっています。
しかし、どのような睡眠薬でも通販で購入できるというわけではありません。

睡眠薬として、比較的知名度の高い「ハルシオン」などは通販では購入することができません。
基本的に、医薬品の個人輸入は個人の使用であれば問題ないのですが法によって輸入自体が禁止されている
医薬品も中には存在しています。
その一つとしてハルシオンがあるわけです。
ですが、ハルシオンが輸入できないからと言って、不眠症が改善できなくなるというわけではありません。

現在ではハルシオン以外にも、様々な睡眠薬がありますし、ハルシオンの代わりにそうした睡眠薬を使って不眠症を改善している人も少なくありません。

そもそもハルシオンが輸入禁止になった理由は様々ですが、依存性や離脱症状、精神障害など様々な問題があるですので
安心して不眠症を改善していくという観点から考えると、ハルシオンの使用は非常に危険であると言えます。

その点、現在でも輸入できる睡眠薬であればそうした不安要素は少なくなるので、安心して使用でき不眠症を改善へと導いてくれます。

不眠にも色々なタイプがある

不眠のタイプを紹介する女性
不眠症という言葉はよく耳にするものの、具体的にはどういった症状のことを指すのか?よく分かっていない方も多いと思います。

医学的に定義されている不眠の症状というのは、

「1週間に2回以上満足できない睡眠状態があり、それが1ヶ月以上継続していること」

です。もしも、自分も当てはまるかもしれない…という場合には、不眠の可能性が大いにありますので、不眠を解消していくようにしましょう。

ただし、不眠と一口に言っても不眠には色々なタイプがあります。また不眠のタイプに応じて睡眠薬を選ぶ必要があります。

自分がどういったタイプの不眠症かわからずに適当に睡眠薬を選んで服用していると、一向に症状が改善されないどころか悪化してしまう恐れがあります。

不眠のタイプというのは、大きく4つに分類することができます。

〈入眠困難〉

寝る準備をしてベッドや布団に入ってもなかなか(1時間前後)寝付けない状態のこと。
多くの方がイメージする「不眠症」というのは、入眠困難を指していることが多いです。

〈中途覚醒〉

眠りにつくのは問題なく行えるが、起床時間までに何度か目が覚めてしまう状態のこと。
短時間の睡眠をブツブツと取っている状態です。

〈早朝覚醒〉

起床予定時間よりも2時間ほど早く目覚めてしまい、目覚めてから眠れない状態のこと。
きちんと眠りにつけるが目覚めが早いだけであるため、不眠と自覚しにくい症状です。

〈熟眠障害〉

眠りが浅い状態が続き、朝起きたときに熟睡した感じがなく、疲れている状態のこと。
いわゆる眠りの質が悪い状態です。きちんと眠れているため、不眠ということを自覚しにくい症状です。

入眠困難、中途覚醒については症状もはっきりしているので判り易い不眠ですが
早朝覚醒、熟眠障害については、眠りにつくことができているため、不眠であることを自覚しづらくなっています。

 

また、不眠症の種類は主に上記4つになります。また、これらの症状というのは1つだけ現れるとは限らず、同時に複数現れることもあります。

不眠症に応じた睡眠薬を選ぼう

様々なカプセル先ほど説明した不眠症のタイプは、どれも満足できない睡眠状態のことを指しますが、それぞれで大きく症状は変わります。

しかし、睡眠薬には数多くの種類があります。適した睡眠薬を選べば、効果的に治療することができます。

そのため睡眠薬を服用する際には、自分はどんな不眠症のタイプに当てはまるのか?ということを一番に知る必要があります。

しかし、初めて睡眠薬を服用しようとしている場合、どんな種類を選べばいいのか分からない!という方も多いと思いますので、ここで各不眠症タイプにおすすめの睡眠薬をご紹介します。

入眠障害や中途覚醒の方には…

これら2種類の睡眠薬は、心を落ち着かせてリラックスした状態にする作用があります。

なかなか寝付けないという入眠障害、途中で何度も目が覚めてしまうという中途覚醒、時差ボケなどにも適した睡眠薬〈利用者たちの口コミ〉


・Kさん 男性(50代)の口コミ

歳を重ねる毎に途中で目が覚める回数が増え、夕方になっても眠たいという日々が続きました。

病院で睡眠薬をもらっていたのですが、病院までは少し距離があり、毎回病院まで行くのが大変だったので通販でルネスタのジェネリックを購入しました。

病院でもらっている薬と変わらないほどすごく効果を感じてます。服用後30分にはウトウトしてなにも手につかなくなるので、完全に眠れる状態になってから薬を飲むようにしています。



・Sさん 女性(40代)の口コミ

昔から海外旅行をするのが好きで、1年に4回ほど行っています。

旅行から帰ってきた時、お世話になっているのがバスパー・ジェネリックです。

近くの国へ旅行をしたときには時差ボケすることはありませんが、ヨーロッパやアメリカなどへ行くとどうしても帰国後の時差ボケがすごくて…。

普段は不眠の症状はありませんが、旅行から帰ってきたときだけ飲んで体内時計をリセットしています

1度服用するだけですぐにいつも通りの生活に戻れますのですごく助かっています!


Hさん 女性のイメージ
・Hさん 女性(30代)の口コミ

仕事や家庭のストレスがあるとどうしても眠れません。

定期的に不眠症で悩むので3年ほど前から睡眠薬をストックしていたのですが、今回は切れていたので病院へ貰いに行きました。

ただ、まとめて通販で購入するようにします。


Tさん 男性のイメージ
・Tさん 男性(40代)の口コミ

5年ほど前までは布団へ入るとすぐに寝れていましたが、ここ最近は寝付けない日が増えました。

寝付けないと翌日に響いてしまいますので、眠れないことがすごく悩みでした。

病院へ行くのも億劫だったので、ネットで睡眠薬を注文しました。

初めてこういった薬を探しましたが、種類の多さにびっくりしました。

色々と調べていると、自分は入眠障害であることと、入眠障害にはバスパー・ジェネリックがいいということが分かり、早速注文しました。注文してから1週間すぎに届き、届いたその日のうちに飲みました。

1錠飲んで30分ほどボーッとしていると眠気がきて、朝までぐっすりでした。急に寝落ちするという感じではなく、徐々に眠たくなる感じなので、安心して試せます。

ルネスタジェネリックのパッケージ

50錠 定価¥4,500→販売価格¥4,050

100錠 定価¥9,000→販売価格¥7,290

ルネスタジェネリックは睡眠薬特有の苦味が少なく、服用した翌朝の目眩やフラつきといった副作用が少ないことから人気があります。
効果時間が長いことから入眠障害だけでなく中途覚醒にお悩みの方にもオススメです。

 

バスパージェネリックのパッケージ

50錠 定価¥3,200→販売価格¥2,880

100錠 定価¥6,400→販売価格¥5,180

バスパージェネリックは不安や緊張を解す効果があり、リラックスした状態を作ることで眠りを促してくれます。依存性や副作用が小さいことからも高い人気があります。

早朝覚醒や熟眠障害の方には…

これらの睡眠薬には、心身共にリラックスさせる作用があります。

脳の興奮やイライラを鎮静させて眠たくなるように導きます。

メラトニンは薬が分解されにくいのでじっくりと作用し、長時間睡眠作用が続きます。

タガラは天然成分から作られたサプリメントで、自然と眠りやすい体質へ導きます。

〈利用者たちの口コミ〉

Iさん 女性のイメージ
・Iさん 女性(40代)の口コミ

睡眠薬は怖いというイメージがあったので、サプリタイプのタガラを購入しています。

成分も漢方系なのですごく安心です。サプリということで、飲んですぐに効果が出ることはなく、服用してから2週間位はとくに効果を感じませんでした。

ただ、飲み始めて1ヶ月位でかなり眠れる日が多くなってきています。

薬を飲んでいる!という感じがないのが嬉しいです。


Oさん 女性のイメージ
・Oさん 女性(30代)の口コミ

不眠というと50代以降というイメージがありましたが、30を過ぎてから朝早く目覚めてしまうことが増えました。

今までは目覚めても2度寝ができたのですが、全くできなくてお昼になると眠たくなっていました。

ちょうど友達に相談したら同じ悩みを持っていて、タガラを紹介してもらいました。

タガラのいいところは天然の成分で体に優しい、副作用がない、コスパがいいということです。

1錠あたり30円位なので続けやすいですし、安心して飲めます。

また、試してから5日ですが、効果はじわじわ効いているのかな?今までよりも眠れているような気がします。


Sさん 男性のイメージ
・Sさん 男性(30代)の口コミ

毎晩寝る30分前に飲むようにしています。

メラトニンを飲むと、朝まで一度も目覚めるようなことはありませんし、起きると心身共にスッキリしています。

今まで睡眠薬には頼りたくないと思っていましたが、試して良かったです。

今後はできるだけ薬なしでも眠れるようにしたいので、少しずつ飲む量を減らしていきたいと思います。


Uさん 男性のイメージ
・Uさん 男性(50代)の口コミ

もともと寝付きはいい方なのですが、朝早く目覚めてしまいます。

最初はとくに気にすることなく朝活をしていたのですが、昼になるとすごい眠気に襲われるので、夜にしっかり寝たいと思うようになり、メラトニンを飲むようになりました。

睡眠薬は初めて服用しますが、とても効果に驚いています。薬を飲んで布団に入ると1時間しないうちに寝ているようです。

朝まで目覚めることもなく、日中の眠気もなくなったのですごく感謝しています。

やはり、ちゃんと寝ると体が健康になっている気がしますし、とても気分がいいです。

毎日布団に入るのが楽しみになっています。

メラトニンのパッケージ

100錠 定価¥3,800→販売価格¥3,610

200錠 定価¥7,600→販売価格¥6,860

300錠 定価¥11,400→販売価格¥9,750

メラトニンは慢性的な不眠症だけでなく、時差ボケや一時的な夜勤などによる体内時計のズレを修正し、眠りを促す効果があります。新陳代謝を強化する効果もあると言われており多くの方が服用されています。

 

タガラのパッケージ

60錠 定価¥2,000→販売価格¥1,800

180錠 定価¥6,000→販売価格¥4,860

300錠 定価¥10,000→販売価格¥7,200

タガラは不眠症やイライラ感、不安な気持ちを改善する効果を持っています。主成分であるセイヨウカノコソウは古代より自然の睡眠薬として重宝されていたようです。サプリメントのため、副作用などはなく安心して飲めることが特徴です。

睡眠薬選びのポイント

睡眠薬には様々な種類があり、不眠の症状によって適したものが違ってきます
更に、1つの不眠の症状に対して効果がある睡眠薬にも種類が豊富にあったりするので、どの睡眠薬を購入すればいいのか分からなくなることも珍しくありません。
ここでは、そんな睡眠薬選びのポイントについて紹介していきますので、これから睡眠薬を購入するというような時は是非お役立てください。

料金で選ぶ方法

睡眠薬は、どちらかといえば比較的継続して使用するものになるため、費用対効果を考えて購入するというのは
賢い選択の一つといえるでしょう。しかし、費用対効果を考えるあまり自分の不眠症状に適していない睡眠薬を購入してしまうと
料金に関しては、安かろう悪かろうということは基本的には無いですが、薬の種類と自分との相性などもあるので
ただ安いから、副作用を我慢して使うといったことは控えましょう。
副作用によってストレスが溜まり不眠は解消することができていても、別の病気になってしまうといったケースも考えられます。

先ずは、不眠の種類を適切に把握したうえで、不眠の症状に合ったものを少しずつ試していく。
個人輸入代行サービスを利用する場合、錠剤の数も非常に多く、まとめて購入したほうがお得だったりします。
ですが、そこで一歩踏みとどまって、まずは試すということを念頭に置いて選んでみてはいかがでしょう

口コミを活用する

睡眠薬に限らず通販で商品を購入することをイメージしてみてください。
何の種類のどの商品を購入するか決めている場合、何も迷うことはないでしょう。
ですが、購入を迷っている段階だと色んな商品を見て比べたり、実際に購入した人のレビューなどを参考にしてみたりすることは有りますよね。
自分以外の誰かが実際に使ってみた感想は、どういった情報よりも信用できる情報だったりします。
特に口コミなどの場合は、良い評価もあれば悪い評価もあるので、メリットやデメリットの部分がより鮮明になるので
口コミを参考にして購入してみるのも良いでしょう。

ただし、口コミの情報を参考にする場合には本当の情報と偽物の情報があるということを念頭に置いて置く必要があります。
現在では口コミを捏造したりしていることも稀にあるので、ただただ褒めちぎっているだけの口コミだけなどの場合は要注意です。

選び方のポイントまとめ

睡眠薬を通販で購入する際のポイントは、大きく分けて2つでした。
口コミの情報を参考にしたり、料金で選ぶという方法です。
どちらか一方のポイントを活用していくのも良いですが、料金を見ながら口コミも併せてみるという風に
両方のポイントを併せて確認しておくと、より効率的に良い睡眠薬を選ぶことができるでしょう。

睡眠薬はどこで買う?

ショッピングカート

上記で紹介した睡眠薬を自分も試してみたい!そう思ったら、早速購入しましょう。

ただ、睡眠薬はどこで手に入れることができるのでしょうか?

 

睡眠薬の種類によりますが、上記で紹介した睡眠薬は「個人輸入代行サイト」を通して購入することができます。

個人輸入代行サイトは、通販サイトと同じようにネットを介して注文できます。

ただ、ドラッグストアが運営している通販サイトとは販売されている商品が異なります。

ドラッグストアが運営しているサイトでは、市販の睡眠改善薬(※睡眠改善薬については他のページでも紹介しています)、個人輸入代行サイトでは処方箋薬の睡眠薬が販売されています。

 

輸入ということで海外の商品を購入するということになりますが、代行サイトを利用することで、現地の方とコミュニケーションを取る必要もありませんし、トラブルのリスクも軽減できます。

よって、代行サイトを利用すれば、誰でも簡単に海外医薬品を輸入(購入)できるのです。

病院はどうなの?

ナースステーション

睡眠薬というのは病院で処方してもらうことができます。

睡眠薬を処方してもらう場合には、内科、心療内科、精神科などを利用することとなります。

ただ、現在では不眠症患者が増えているということで、睡眠外来や不眠症外来などの専門的に治療をしているクリニックもあります。

 

病院へ行くと、問診票を記入し、医師と一対一で不眠の悩みを相談することができます。

そうすることで、医師が患者の症状に応じた睡眠薬を処方してくれます。

病院を利用することで、確実に自分に応じた睡眠薬を処方してくれる、薬の飲み方や副作用のリスクなどの説明を直接受けることができます。

 

しかし、病院へ行くとなれば、価格が高い、毎回病院まで行かなければならないというデメリットもあります。

病院で睡眠薬を処方してもらう場合、睡眠薬の種類にもよって異なりますが、診察料と2週間分の睡眠薬を合わせて1500円前後となります。

払えない金額ではありませんが、不眠は2週間で症状が改善しないことが多く、結局は何度も病院へ足を運ばなければなりません。

また、睡眠薬は30日分まで処方してもらえますが、基本的に最大で2週間分しか処方してもらえません。そのため、薬がなくなったら都度病院へ行くこととなります。

 

自宅の目の前が病院、診察までの待ち時間がない、平日の朝や昼間に病院へ行ける環境であればいいですが、基本的にそういった環境ではないでしょう。

ですから、通院して睡眠薬をもらうということは簡単ではないのです。

 

また、ドラッグストアや薬局でも睡眠薬のような医薬品が販売されています。

病院へ行くのが面倒であれば、こうした市販の薬を試せばよいのではないか?と思うことでしょう。

 

次は市販の睡眠薬と病院で処方してもらえる睡眠薬の違いをご紹介します。

市販の睡眠薬と病院で処方してもらう睡眠薬の違い

様々な錠剤

不眠の症状に悩んでいるものの、病院へいくのはちょっと…という方はたくさんいます。

こうした方たちは、病院へ行かずに薬局で購入できる薬を探します。

店舗にはドリエル、ネオディ、スリーピン…というような薬が並んでいます。

ただ、薬局で販売されているような睡眠薬は、正確には睡眠薬ではなく、睡眠改善薬や睡眠導入剤と呼ばれる医薬品です。

そして、病院で処方されている睡眠薬の効果とは全く異なります

 

市販の睡眠薬にはいろいろな種類がありますが、基本的に有効成分や成分の配合量は同じです。

睡眠改善薬の有効成分は「ジフェンヒドラミン塩酸塩」というものです。

この成分というのは抗ヒスタミン剤の一種で、風邪薬や花粉症改善薬などにも含まれています。薬を飲むと副作用で眠たくなる…。

その成分こそジフェンヒドラミン塩酸塩なのです。

 

市販の睡眠薬にも様々な種類が

市販の睡眠薬には、錠剤やカプセルなどの形状の違いがあります。

それぞれで飲みやすさや効果が現れるまでの時間が若干異なります。

錠剤はカプセルに比べて小さいので飲みやすく、比較的溶けにくいのでじっくり効果が出ます。

一方、カプセルというのは大きめなのですが、カプセル内は液体や顆粒となっていますので溶けやすく、効果が早く出ます。

 

また、病院で処方される睡眠薬というのは、正確には向精神薬に分類されます。

向精神薬というのはうつ病治療や統合失調症などの治療に用いられる薬で、精神に作用します。

 

どうして精神に作用する薬が睡眠に関係するのか?

その理由は神経に働きかけるからです。

寝なければいけないと思っていても、神経が高ぶり、興奮していたり、不安な気持ちを抱いていたりすると眠たくなりません。

そうした状態のときに向精神薬を服用することで、精神を安定させ、気持ちを穏やかにします。そうすることで、自然な眠りを誘います。

正しく服用すれば心を落ち着かせて寝やすい状態に導いてくれますが、日常的な使用は睡眠薬が無いと眠れないと依存してしまう可能性があります。

よって、睡眠薬というのは医師の処方がなければ手に入れることができないようになっています。

 

このように、市販の睡眠改善薬と病院で処方されている睡眠薬は、似ているようで全く違いますsc。

睡眠薬を通販で購入するのメリット

現在、睡眠薬は病院で処方してもらう他に、個人輸入代行を利用することでも手に入れることができます。

ここで、大事なのが個人輸入代行の通販で購入する場合と、病院で処方してもらう場合の違いです。
それぞれの違いを適切に把握しておくことによって、より効率的に自分好みの睡眠薬を手にすることができるようになります。

病院で睡眠薬を購入する場合

睡眠薬を病院で処方してもらう場合には、病院で医師の指示を聞きながら睡眠薬を使う事ができること。
これは言うまでもないでしょう。特に、初めて睡眠薬を手にして使おうと考えているような場合には、特におすすめの方法となります。
また、今飲んでいる睡眠薬が自分にあまり合わないという場合も医師と相談しながら自分に合う睡眠薬を選んでもらえるといったメリットもあります。

しかし、病院で処方してもらう場合は、診察料などの薬とは別の部分で費用負担が大きくなってしまったりすることもあります。
また、自分が希望している睡眠薬を処方してもらえるとも限りませんし、病院まで足を運ぶ必要もあるので
新しい睡眠薬を処方してもらうために病院まで足を運んだのに、自分が望む睡眠薬を処方してもらうことができないだけでなく、診察料は発生してしまうといった事態にもなりかねません。

睡眠薬通販で購入する場合

睡眠薬通販を利用した場合については、そうした自分の意思が通らないという部分のデメリットは何一つありません。
通販という名称からもわかるように、本当に通販サイトで商品を購入しているような感覚で自分に合う睡眠薬を購入することができます。
今では、睡眠薬の通販サイトはパソコンだけでなくスマートフォンでも利用することができるようになっているので、病院に足を運ぶ必要も全くなく、自宅や出先の空いた時間で簡単に購入でき、自宅に睡眠薬を届けてもらえるのも魅了といえるでしょう。

また、通販の場合は、日本でまだ認可されていないジェネリック医薬品についても購入できたりします
いつも飲んでいる睡眠薬のジェネリックを購入することで、費用的に安く抑えられるようになったりします。

しかし、通販を利用する場合には利用する通販サイト選びが非常に重要になるので、通販サイト選びは慎重に行う必要があります。

通販で購入できない種類もある

また、通販では購入できない睡眠薬もあります。
代表格はデパスで、それまで通販で購入したりする人も多かったのですが通販での購入ができなくなっています。
通販でデパスを購入することは、法によって規制されているので購入してしまうと罪に問われます。
良い通販サイトでは、そのためデパスは既に販売が停止されているので、デパスが販売されているかどうかを見て
サイトの良し悪しを判断するといったことも可能です。

市販と病院と通販、どれがいいの?

薬の購入方法で悩む女性

市販の睡眠薬と病院やネット通販で購入できる睡眠薬、どれを選べばよいのでしょうか?

 

答えはケースバイケースです。

 

というのも、市販の睡眠改善薬と病院で処方される睡眠薬は全くの別物だからです。

それぞれの薬に配合されている成分が異なりますので、薬の持つ特徴も異なります。よって、症状や悩みに応じて使い分けることをオススメします。

 

例えば、不眠の症状を常に感じているわけではない、副作用が心配というような場合には市販の睡眠改善薬で十分です。

市販の睡眠改善薬は、短期的に使用する場合に適しているお薬です。よって、たま~に眠れない夜があるという場合に持っておくとスポットで不眠を解消できます。

また、市販の睡眠改善薬にも副作用や耐性、依存性があるので気をつけましょう。

 

一方、慢性的な不眠で症状がなかなか解消されない、市販の薬では効果を感じられなかったという場合には病院で処方される、ネット通販で買える睡眠薬がよいでしょう。

市販の睡眠改善薬は1週間ほど継続して服用すると耐性ができてしまい、服用しても効果を感じられないようになります。

しかし、病院で処方してもらう睡眠薬というのは、耐性ができにくいです。よって、長期的に服用することができます。

また、睡眠薬は不眠症治療のために開発されたお薬なので、非常に高い効果を得ることができます。

不眠にはいろいろな種類があり、治療のためには不眠症状に応じた薬を服用する必要があります。

医師に症状を相談することで、症状に適した睡眠薬が処方されますので治りやすいです。

 

自分に合った睡眠薬が分かっている、自分の睡眠障害のタイプがわかっている人は個人輸入代行サイトで購入するのがオススメです。

病院に行く手間もかかりませんし、同じ睡眠薬でも病院に行くよりも安く手に入れることができるコチラです。

睡眠薬のことをもっと知りたい

強さと効き目で睡眠薬を徹底比較!これで通販で買うときも迷わない!
安くても大丈夫?睡眠薬の通販で購入できるジェネリック医薬品とは
睡眠薬の副作用について
睡眠薬の種類と効果について
睡眠薬を飲んで起きれない?飲んでいるのに起きてしまう?それは間違いです。

不眠症のことをもっと知りたい

不眠の原因について
不眠症を改善する5つの新習慣
不眠症が引き起こす悪影響


公開日:
最終更新日:2018/05/10

PAGE TOP ↑