*

あなたの不眠症の原因は?こんなことに心当たりはありませんか?

日本人の国民病のひとつ

世界保健機関で行われた不眠に関する意識調査では、調査対象者のおよそ4割もの人が不眠の疑いがある、およそ2割の人が不眠の疑いが少しあるという結果が分かりました。

また、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒の症状で悩んでいる方は、およそ10人に3人ということが分かりました。

こうした割合はどんどん高くなっていることと考えられ、現在では不眠症は国民病の一つとも言われています。

一時的な不眠であれば健康に大きな影響は与えませんが、毎日不眠の症状が続くことで心にも体にも良くない影響を与えます。

ただ、一口に不眠症と言っても様々なタイプがあるように、原因もいくつか考えられます。根本的に不眠症を解消していくためには、しっかりと原因を突き止める必要があります。

ここでは、不眠の主な原因を紹介しますので、自分に当てはまる原因を見つけていきましょう。

 不眠症の主な原因

不眠症の主な原因は5つあると言われています。

それぞれの原因は、生活習慣を見直すだけで改善されるものもあれば、医療機関で治療を受けなければ改善されないものもあります。

〈心理的原因〉

心の状態が大きく関係して発症する不眠です。

主にストレスが原因となっています。

家庭環境、仕事関係、友人関係、近親者の死などの出来事が関連していることが多いので、不眠を解消させるためには原因となる出来事を明確にすることが大切です。

〈身体的原因〉

体の病気や怪我などで発症する不眠です。

主に外的な痛みやかゆみ等があることが原因となっています。

リウマチ、湿疹、蕁麻疹、喘息、花粉症などの症状が挙げられ、不眠を解消させるためには病気や怪我などの症状を改善する必要があります。

〈生理学的原因〉

眠る環境が原因となって発症する不眠です。

主に、海外での時差ボケ、慣れない環境の宿泊、新しい寝具、仕事や遊びによる昼夜逆転生活などの生活スタイルの変化によって不眠を引き起こしやすくなります。

生理学的原因の不眠症を解消するためには、睡眠を誘う照明や時間の管理をする必要があります。

〈薬学的原因〉

服用している嗜好品が原因となって発症する不眠です。

主に、服用中の薬、カフェイン入りの飲料、アルコール、ニコチンなどが含まれているものが不眠に結びつきます。

医薬品の成分で不眠を引き起こしやすいのは、抗がん剤、ステロイド剤、中枢神経や自律神経に働きかける薬などです。

薬学的原因の不眠症を解消するためには、服用している薬、嗜好品を普段から摂取していないかどうか確認し、摂取を控える必要があります。

〈精神医学的原因〉

体内に存在している精神や神経が原因となって発症する不眠です。うつ病や不安症などが不眠を引き起こしやすく、不眠症患者の約3分の1は精神医学的原因と言われています。

今まで楽しめていたことが楽しくない、気分が乗らない、ネガティブ思考になった…といった場合にはうつ病の可能性があります。

精神医学的原因の不眠症の場合には、専門医による治療が必要となります。

不眠症が増えた原因

現在、不眠症は国民病と言われているほど、睡眠に満足していない方がたくさんいます。

また、不眠の悩む方は年々増加傾向にあると言われています。しかし、どうして不眠症に悩む方が増えたのでしょうか?

 

不眠症の患者が増えた原因には、生活スタイルの変化、ストレス、不景気などが大きく関係していると考えられます。

まさに、現代社会ならでは…といった原因ばかりです。

その中でも、とくにストレスが原因となっている不眠(心理的原因)で悩む方が多く、眠れないことで更にストレスが溜まり、最終的にはうつ病などの心の病気を引き起こしてしまう恐れがあります。

悪循環が続くことで不眠の症状を悪化させてしまいますので、いち早く対処することが大切です。

 

また、不眠症の症状が続くことで、寝れないストレスを感じるだけではなく、心身共に悪影響が出てきてしまいます。

たかが寝不足と甘く見ないように

どうじて自分だけこんなに悩んでいるんだ…、どうして眠れないんだ…というように感じるかもしれませんが、あなたと同じ悩みを抱えている方は世の中にたくさんいます。

また、現在では睡眠薬をはじめ、様々な不眠症治療がありますので、必ず症状は改善します。

 

先程、5つの不眠症原因について紹介しましたが、自分ではっきりと「不眠症の原因はこれだ!」と特定することは困難です。

しかし、治療をするためには、まずは原因を探ることが大切です。これは、不眠症だけに言えることではなく、どんな病気・症状にも言えることです。

また、不眠の原因というのは、1つだけとは限りません。よって、自分は不眠症かもしれない…と少しでも疑いがある場合には、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

どうしても病院へは行きたくない!という場合には、ネット上に不眠症セルフチェックなどを公開しているサイトもありますので、活用してみると良いでしょう。

自分にあった睡眠薬を探してみる

睡眠薬とその口コミなどを見る

睡眠薬のことをもっと知りたい

睡眠薬の副作用について
睡眠薬の種類と効果について

不眠症のことをもっと知りたい

不眠の原因について
不眠症を改善する5つの新習慣
不眠症が引き起こす悪影響


公開日:
最終更新日:2018/02/08

PAGE TOP ↑