*

強さと効き目で睡眠薬を徹底比較!これで通販で買うときも迷わない!

睡眠薬を通販で購入する時、迷うポイントはいろいろとあると思います。
ここでは、そうした迷いの中でも今使っているものはあまり効き目が無くて、もっと強いものを使いたい。
そうはいっても、少し怖いし効き目などについても不安があるという人もいます。
ここでは、そうした方に様々な睡眠薬について紹介するので、自分に合う睡眠薬を見つける手立てになればと思います。

買うときの迷い

睡眠薬に限らず、商品を購入するという場合には、どういったものを購入するか迷うことは珍しくありません。
最初から、購入する商品を決めてしまっている場合には、そうした悩みもないでしょうがそうでない場合には、考えてしまうことは当然でしょう。

ここでは、そんな迷いを解消してもらうために、睡眠薬選びのポイントを「強さ」と「効き目」に焦点を当て紹介していきます。

効果の強さと安全性のバランスに秀でている、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のルネスタのジェネリックはこちら

睡眠薬の強さとは

睡眠薬には、いくつかの種類があります。
この睡眠薬の種類によって、強さというのは変わってきます。
睡眠薬の種類には

バルビツール酸系

ラボナやイソミタールなどがあります。しかし、安全性の面から現在では使われることは非常に稀となっていて入手することは容易ではありません。

・ベンゾジアゼピン系

ハルシオンやデパスなどがあります。強さはバルビツール酸系に比べると弱くなりますが、安全性に関してはこちらの方が大きく上です。
ただし、こちらのベンゾジアゼピン系の睡眠薬についても、現在では通販で購入することができない種類のものもあります。

非ベンゾジアゼピン系

アモバンやルネスタといった、現在主流になっている種類がこちらです。効果の強さと安全性のバランスがよいため、多くの人が安心して利用できるといえます。

オレキシン受容体拮抗薬

ベルソムラがあります。こちらは新しい種類の睡眠薬です。睡眠薬としての強さはそこまで高くないですが、その分安全性に優れています。

メラトニン受容体作動薬

ロゼレムを代表とした種類の睡眠薬がこちらになります。5種類の中で最も安全性が高い睡眠薬となっています。安全性は非常に高いので安心して服用できますが、
その分、睡眠薬としての強さは5種類の中で最も弱くなっています。

上記の5種類に分類できます。
当然、強いものほど効果も高いと考えられますが、その分だけ安全性が犠牲になるため
強い睡眠薬については、通販で購入できず病院で処方してもらうしか手に入れる方法がない場合もあります。

睡眠薬の強さ一覧表

睡眠薬の種類 効果の強さ 薬の安全性
バルビツール酸系 非常に強い 非常に低い
ベンゾジアゼピン系 強い 低い
非ベンゾジアゼピン系 やや強い やや高い
オレキシン受容体作動薬 やや弱い 高い
メラトニン受容体拮抗薬 弱い 非常に高い

こちらのリストを参考にすると、睡眠薬の種類とその強さや安全性について把握していただけます。

強い=良いものというわけではない

睡眠薬の種類とその強さについてみてきましたが、強い=良いというわけではありません。
今使っている睡眠薬よりも効く睡眠薬を使おうと考えているのであれば、先ずは睡眠薬の強さよりも
睡眠薬のタイプに注目してみましょう。
5種類の睡眠薬を紹介しましたが、それぞれの種類に更にタイプがいくつか存在しています。

タイプは簡単に言えば、睡眠薬の効果が出るまでの時間や効果が続く時間によって分類されます。
・短時間で効いて、持続が短いもの
・ゆっくり効いて、長時間効果が続くもの
といったような違いがあります。

不眠の種類と睡眠薬のタイプ

TOPページでも触れていますが、それぞれの不眠症に合わせてタイプや睡眠薬の強さを変えてみることで
より大きな効果を実感することができる場合もあります。
特に、自分の不眠症と睡眠薬のタイプが合わない場合、不眠が解消されるどころか目覚めが余計に悪くなったり
日中にも効果が続いて眠気が取れなくて困ることもあります。

寝つきが悪くて眠れない場合には、睡眠薬を服用してすぐに効果が出るタイプを飲むことで寝つきが悪のを解消できます。
ですが、効果が出るのが遅く、長時間持続するようなタイプの睡眠薬である場合、効き始めるまでに時間があるので
寝つきの悪さが解消されることはありませんし長時間にわたって効果が続くことになるので、目覚めてからも眠気が取れないといったことになってしまうわけです。
当然、このようになってしまえば睡眠薬を飲んでいるのに効くように感じられないですし、日常生活にも支障が出てしまいます。

ですが、短時間で効果があらわれて、すぐに切れるような睡眠薬に変えるだけで嘘のように快適な睡眠を実現できたという例もあります。

単純に強い睡眠薬を使うよりも、まずは自分の不眠の種類と睡眠薬のタイプを併せて選ぶことが肝心です。

効果の強さと安全性のバランスに秀でている、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のルネスタのジェネリックはこちら


公開日:
最終更新日:2018/02/28

PAGE TOP ↑