*

睡眠薬を飲んで起きれない?飲んでいるのに起きてしまう?それは間違いです。

睡眠薬の持ち越し効果で眠る女性
最近は寝つきが悪くて睡眠薬を利用しているのに、寝付けないということって珍しくありません。
特に、個人輸入代行などのサービスを利用して睡眠薬を購入する場合にはその傾向は強くなります。
自分の問題だから、自分が一番よくわかるというのも間違いではないですが、専門家へ相談することも時には必要です。
ですがここで紹介する、睡眠薬を飲んでいるのに起きれなかったり、飲んでいるのに深夜に目覚めてしまうというような場合は
使う睡眠薬を間違えてしまっている可能性があります。
そのため、ここでは正しい睡眠薬選びに役立つ情報の紹介をしていきます。

これを書いている私自身も、睡眠薬を初めて購入したときは分からない事だらけで
色々と失敗もしてきたので、そうして得た知識がこれを見る人の役に立ててもらえればと思います。

どうして、眠れなかったり目覚めてしまうのか?

睡眠薬を飲んでいるのに眠れない、目覚めてしまう。
その理由は非常に単純です。全て睡眠薬が理由です。
睡眠薬を服用すると体が有効成分を吸収していき、その効果が発揮されるわけです。
その効果が早く出るものと遅く出るものがあるので、睡眠薬をのんでも眠れなくなるわけです。
逆に言えば、飲むタイミングを速めれば眠りにつく頃に効果が表れ始めてぐっすり眠れるかもしれません。
また、目覚めてしまうような場合も同様で、睡眠薬の効果が切れてしまい覚醒してしまう。
そのため、目覚めてしまうわけです。
睡眠薬選びでこうしたことが起きてしまうわけです。病院やクリニックで処方してもらうような場合には
医師とのカウンセリングで自分に適した睡眠薬を処方してもらうことができるので
そうしたことになる可能性は非常に低いです。

しかし、睡眠薬通販などを使うような場合には、自分の不眠について理解がまだできておらず
適した睡眠薬とは違うものを選んでしまう可能性があるため、こうしたことが起きてしまうのです。

睡眠薬選びに失敗しないポイント

目覚めれない女性
睡眠薬を購入する場合に気を付けることは何でしょうか?
睡眠薬としての強さ、薬の安さなどいろいろ人によって基準があると思います。
それも大切な部分ではありますが、最も大切なのは、その睡眠薬がどういったタイプの睡眠薬であるかを適切に把握することです。

大きく4種類に睡眠薬は分類されます。分類方法は睡眠薬を飲んでから実際に効果が出始めるまでの時間と効果が続く時間によって
超短時間型、短時間、中間、長時間というように分類されます。
こうして、薬の効果が表れるまでの時間や薬が効いている時間に違いがあるため、自分の不眠がどういったタイプなのか?
そして自分の不眠タイプに対応した種類の睡眠薬を購入するようにしましょう。

不眠タイプについては、こちらで確認ができるので
まずは不眠のタイプを把握し、自分がどの不眠なのかをはっきりさせましょう。

睡眠薬の効果やその効果時間は、こちらから確認できます。

効果のもちこし?持ち越し効果とは

中途覚醒した女性
不眠を効率的に解消していけます。
しかし、間違った種類を使っていると、眠れないだけでなく睡眠薬の効果を持ち越してしまうこともあります。
例えば、寝つきが悪い人が、長時間作用型の睡眠薬を使う事を考えてみましょう。
寝つきが悪く眠れない上に、睡眠薬の効果も全然現れない。
そのため、追加で睡眠薬を飲んでしまうこともあるでしょう。ここで、追加で勝手に飲んでしまうのはご法度です。
非常に危険ですし、効果のもちこしにつながってしまいます。
特に長時間型の睡眠薬の場合、効果が表れるのが遅く効果が長く続くという特徴があるので、寝つきにつけても
効果自体が目覚めてからも切れずに、日中もずっと睡眠薬の効果があって眠い状態が続くこともあります。
ですから、寝つきが悪い場合には、すぐに眠れるように超短時間型を使うのがポイントです。
逆に、夜に目覚めて眠れないというような場合には超短時間型は向きません。
目覚めてしまう時間にもよりますが、超短時間型の場合はすぐに聞いてすぐに効果が切れるので中途覚醒の場合は
覚醒が起こるころにとは当然、睡眠薬の効果が切れているので、睡眠薬の意味がありません。
逆に、長時間型の場合は、長く効果が続くので中途覚醒などにはおおきな効果を発揮するわけです。

睡眠薬選びのまとめ

睡眠薬を選ぶ上で、料金や効果の強さで選ぶのは正解とは言えません。
先ずは、自分の不眠タイプを把握した上で、適した睡眠薬を選ぶようにしましょう。

その後、適した睡眠薬の中から安いものや効果が強いものという風に選ぶと、睡眠薬を使っているのに眠れなかったり
飲んでいるのに起きてしまうという事態を回避することができるでしょう。


公開日:

PAGE TOP ↑